夏の寝ぐずり、汗だく赤ちゃんを安眠させる方法

夏場の赤ちゃんの寝かし方です。25度を超える夜は熱帯夜と呼ばれ、大人ですら寝付くのが困難の場合もあります。体温調節がまだまだ未熟な赤ちゃんにとっては、寝るのが非常に辛い暑い時期でもあります。今回は夏の熱帯夜に、上手に入眠できる方法をいくつか紹介したいと思います。

クーラーはつけたほうがよい。ただし注意点も

やはりここは王道ですが、クーラーをつけるようにしましょう。つける際のポイントがあるので、順を追って紹介したいと思います。

温度設定は26度から28度を目安にします。冷やしすぎるのは当然ながらよくありません。ちなみに、病院の設定温度が26度なので、その温度を基準に設定すれば良いと思います。ただ、個人的には「26度はやや寒いかな」と感じますので、私としては28度位が、赤ちゃんの適温なのではないかな?と思います。

 

実際娘も、28℃の温度に慣れてくれたようで、クーラーを掛けて寝れば、比較的すんなり寝入ってくれます。赤ちゃんによっては、クーラーが嫌いな子もいますので、その点は適宜注意しながらやって頂ければと思います。

 

赤ちゃんにクーラーの風が直接当たらないようにする。

当然ですが直風が当たらないように、風の向きをコントロールしましょう。曲が当たると肌が急激に冷やされるため、体温が低下します。少しでもクーラー代を節約するために、扇風機と併用するのもいいでしょう。その際、扇風機は風向きを上向きにして、部屋全体の空気を混ぜるように首振りをしながら、扇風機をかけるのがオススメです。

 

スリープ設定を忘れずに

一晩中クーラーがかかっていることがないように、寝る前には必ずスリープ設定を入れるようにしましょう。とりあえず、寝ぐずり対策としては、2時間もあれば十分だと思います。ちなみに、クーラーが切れてぐずって泣いて赤ちゃんが起きてしまった場合、窓を開けるというのも1つの手です。夏の深夜は意外と涼しい場合も多く、窓をあけることで、再び眠りについてくれることもありますよ。

 

それから、赤ちゃんはとても汗っかきなので、寝ている間も大量に汗をかいています。できれば、夜中の内に、ぐずったタイミングでパジャマの着替えをしてあげると、風邪対策にもなって良いと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*