夜泣き対策に添い乳は有効?メリットデメリット解説

「添い乳」というのはお母さんが横になった状態で赤ちゃんにおっぱいを与える方法です。赤ちゃんとしては大好きな母乳をしながら寝ることができるので、とても安心して眠りにつくことができます。ただとても手軽にやりやすい方法で夜泣きや寝ぐずり対策をできるのですが、いくつかデメリットもあるので、そのその点を解説していきたいとオモイマス。

添い乳をするメリット

1番のメリットは、やはりお母さんが楽な体勢でやること。そしてその態勢で、同時に赤ちゃんを寝かせることができるということ。夜、赤ちゃんが起きて、泣いた時にミルクを作るのって大変ですよね?添い乳であれば、お母さんも寝た状態でできるため非常に態勢が楽なのです。

添い乳のデメリット

実はいくつかのデメリットもあるのでここで解説したいと思います。

1つめは虫歯になりやすいかもしれないということ。離乳食を食べ始めた子供は、これまでの母乳だけの生活から打って変わり、口の中に最近が繁殖しやすくなっています。母乳の乳糖と歯垢が合わさり、虫歯になりやすくなるのでは?という見解が示されています。

2つ目は、赤ちゃんの吐き戻しのリスクです。赤ちゃんてミルクを飲んだ後にゲップをさせますよね?げっぷをさせないと苦しくて、気持ち悪くなってしまうのです。ですが、横になった状態での添い乳では上手にげっぷをすることができず、吐き戻しによって、自分の吐いたミルクで喉を詰まらせてしまうというようなリスクもあることを知っておく必要があります。

添い乳を止める方法は?どうやればOK?

これに関しては、経験豊富な先輩ママからの意見を取り入れましょう。色々なパターンがあるのですが、やはり徐々に添い乳を卒業していくしか方法がないようです。少し大変ですが、夜中にぐずった際には、添い乳ではなく、ミルクを作ったりすることに徐々に移行していくことが重要だと思います。また子供によっては、自分から勝手に卒乳するような、強者の赤ちゃんもいるようです。

いずれにせよ添い乳自体は全然悪いことではありません。赤ちゃんにとってやっぱり安心するのはママのおっぱいですから。ただ上記に述べたように、メリットだけではなくデメリットもあることを、十分にご理解いただいた上で、添い乳をしてください。いつかは添い乳を卒業する必要がありますが、焦ることなく、気長に徐々に卒乳に持っていくのが重要です。いつまでもおっぱいで育つ赤ちゃんっていうのはいませんからね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*