夜泣き対策

夏の寝ぐずり、汗だく赤ちゃんを安眠させる方法

夏場の赤ちゃんの寝かし方です。25度を超える夜は熱帯夜と呼ばれ、大人ですら寝付くのが困難の場合もあります。体温調節がまだまだ未熟な赤ちゃんにとっては、寝るのが非常に辛い暑い時期でもあります。今回は夏の熱帯夜に、上手に入眠できる方法をいくつか紹介したいと思います。

クーラーはつけたほうがよい。ただし注意点も

やはりここは王道ですが、クーラーをつけるようにしましょう。つける際のポイントがあるので、順を追って紹介したいと思います。

温度設定は26度から28度を目安にします。冷やしすぎるのは当然ながらよくありません。ちなみに、病院の設定温度が26度なので、その温度を基準に設定すれば良いと思います。ただ、個人的には「26度はやや寒いかな」と感じますので、私としては28度位が、赤ちゃんの適温なのではないかな?と思います。

 

実際娘も、28℃の温度に慣れてくれたようで、クーラーを掛けて寝れば、比較的すんなり寝入ってくれます。赤ちゃんによっては、クーラーが嫌いな子もいますので、その点は適宜注意しながらやって頂ければと思います。

 

赤ちゃんにクーラーの風が直接当たらないようにする。

当然ですが直風が当たらないように、風の向きをコントロールしましょう。曲が当たると肌が急激に冷やされるため、体温が低下します。少しでもクーラー代を節約するために、扇風機と併用するのもいいでしょう。その際、扇風機は風向きを上向きにして、部屋全体の空気を混ぜるように首振りをしながら、扇風機をかけるのがオススメです。

 

スリープ設定を忘れずに

一晩中クーラーがかかっていることがないように、寝る前には必ずスリープ設定を入れるようにしましょう。とりあえず、寝ぐずり対策としては、2時間もあれば十分だと思います。ちなみに、クーラーが切れてぐずって泣いて赤ちゃんが起きてしまった場合、窓を開けるというのも1つの手です。夏の深夜は意外と涼しい場合も多く、窓をあけることで、再び眠りについてくれることもありますよ。

 

それから、赤ちゃんはとても汗っかきなので、寝ている間も大量に汗をかいています。できれば、夜中の内に、ぐずったタイミングでパジャマの着替えをしてあげると、風邪対策にもなって良いと思います。

おすすめの入眠儀式

赤ちゃんを寝かしつけるのって本当に大変ですよね。食事を終えて寝かしつけようとしても、ぐずってしまってなかなか寝付いてくれないくれない。抱っこしてあやすけど、一向に泣き止む気配がない。暗い部屋に行って抱っこしながら、ゆらゆらしてもなかなか眠ってくれない。親というのはいろいろな努力をしているものです。そこで今回は、私がやっていた入眠儀式とネット上から集めたお薦めの入眠儀式について紹介したいと思います。

背中やお腹・胸・お尻をトントンする

トントンしてあげるのは、やはり多くの方が取り入れている入眠儀式の方法でした。仰向けになっているときは、背中のとんとはできないので、お腹のトントンなどをしてあげるというのもおすすめの方法です。できるだけ単調なリズムで、ゆっくりと長く続ける事がコツです。

オルゴールを聞かせてあげる

これが私の方法ですが、子供が好きな音色ってありませんか??私は、くまのぬいぐるみのオルゴールを持っていたのですが、娘はそのオルゴールの音色を聴くと、とても眠そうにするのです。

 

普段の生活で、赤ちゃんがどんな音に興味を示すか?そういったことに着目しながら、好きそうな音色を想像するのもいいかもしれません。やはりディズニーケアジブリ系のオルゴールはどの赤ちゃんにも人気なようです。できるだけスローテンポなオルゴールを選ぶほうが良いでしょう。ちなみに次男はオルゴールではぐずり泣きが止まることは無く、クマイリーという音の出るぬいぐるみを買いました。

おくるみを使ってみる

おくるみは体の動きが制限されるので、赤ちゃんとしては包まれている感じがやはり安心するようです。お母さんのお腹の中にいるときは常に包まれているので、その時の環境を思い出すのかやはり安心するようです。さらに効果を高めるには、おくるみの上から抱っこしてゆらゆらしてあげる。これでスヤスヤと寝てくれるのではないでしょうか?

絵本を読んであげる

これも鉄板で、ベタなぐずり泣きの対策ですが、やはり非常に効果があります。赤ちゃんって、絵本が好きだし、お母さんやお父さんの声で話しかけられるのがとても好きです。

 

それに様々な絵本を読んであげることで、赤ちゃんの想像力が膨らみ、発想力豊かな子供に成長してくれるでしょう。また同時に親としても絵本に触れ合う機会が増え、どのような読み方をすれば赤ちゃんが安心するのか。ということも学びながら、読み聞かせができるというのもおもしろいポイントではあります。

ベビーマッサージ

大人がマッサージされるのが好きなように、赤ちゃんもマッサージされると気持ちよくて眠くなってしまうんです。少し部屋の明かりを暗くして、赤ちゃんが眠りやすい環境を作りましょう。おすすめは足の裏のマッサージ。両足を親指の手のひらを使って優しくマッサージしていきます。足の裏にはのんを活性化させる都合が複数あるため、乳幼児の段階からマッサージをすることで、脳の発達にも良いという報告もあります。

寝たふり

これは乳児には通用しませんが、ハイハイができるような幼児には通用する手段です。大人が寝たフリをすることで、赤ちゃんも遊び相手がいなくなってしまい、自然と寝てくれるようになります。最初は、起きるように髪を引っ張られたり、とんとんされたりしますが、なんとか寝たふりを保つようにしましょう。ただ気をつけたいことが、大人自身が疲れて寝落ちしてしまうことです。わたし自身の経験でも寝落ちがありますが、万が一自分自身が寝落ちしても大丈夫なように、寝る準備を整えてからねたふりを実際にやってみましょう。

夜泣き対策に添い乳は有効?メリットデメリット解説

「添い乳」というのはお母さんが横になった状態で赤ちゃんにおっぱいを与える方法です。赤ちゃんとしては大好きな母乳をしながら寝ることができるので、とても安心して眠りにつくことができます。ただとても手軽にやりやすい方法で夜泣きや寝ぐずり対策をできるのですが、いくつかデメリットもあるので、そのその点を解説していきたいとオモイマス。

添い乳をするメリット

1番のメリットは、やはりお母さんが楽な体勢でやること。そしてその態勢で、同時に赤ちゃんを寝かせることができるということ。夜、赤ちゃんが起きて、泣いた時にミルクを作るのって大変ですよね?添い乳であれば、お母さんも寝た状態でできるため非常に態勢が楽なのです。

添い乳のデメリット

実はいくつかのデメリットもあるのでここで解説したいと思います。

1つめは虫歯になりやすいかもしれないということ。離乳食を食べ始めた子供は、これまでの母乳だけの生活から打って変わり、口の中に最近が繁殖しやすくなっています。母乳の乳糖と歯垢が合わさり、虫歯になりやすくなるのでは?という見解が示されています。

2つ目は、赤ちゃんの吐き戻しのリスクです。赤ちゃんてミルクを飲んだ後にゲップをさせますよね?げっぷをさせないと苦しくて、気持ち悪くなってしまうのです。ですが、横になった状態での添い乳では上手にげっぷをすることができず、吐き戻しによって、自分の吐いたミルクで喉を詰まらせてしまうというようなリスクもあることを知っておく必要があります。

添い乳を止める方法は?どうやればOK?

これに関しては、経験豊富な先輩ママからの意見を取り入れましょう。色々なパターンがあるのですが、やはり徐々に添い乳を卒業していくしか方法がないようです。少し大変ですが、夜中にぐずった際には、添い乳ではなく、ミルクを作ったりすることに徐々に移行していくことが重要だと思います。また子供によっては、自分から勝手に卒乳するような、強者の赤ちゃんもいるようです。

いずれにせよ添い乳自体は全然悪いことではありません。赤ちゃんにとってやっぱり安心するのはママのおっぱいですから。ただ上記に述べたように、メリットだけではなくデメリットもあることを、十分にご理解いただいた上で、添い乳をしてください。いつかは添い乳を卒業する必要がありますが、焦ることなく、気長に徐々に卒乳に持っていくのが重要です。いつまでもおっぱいで育つ赤ちゃんっていうのはいませんからね!